HOME » 社長ブログ

社長ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳴子温泉 東多賀の湯

IMG_2305.jpg
3月のことですが宮城県鳴子温泉”東多賀の湯”に投宿しました。
18時頃にチェックインをして何はともあれ湯船へ^^
3月は東北ではまだまだ寒く雪の道中でしたのでありがたやぁ・・。
先客のお兄さんも目を瞑ったまま、お湯の匂いをかぎ、鼻までつかっている。ついクスっと笑ってしまった。
自分と同じ。 お湯が好きなんだなぁ~
金曜日の泊りだったのですが、お客さんは男の一人客ばかりの4人。
カップルや家族旅行、女子会でもなく4人して男の一人旅なんてねぇ。
ゆっくりと飲みながら皆で、温泉談義の楽しい夕飯でした。^^
IMG_2301.jpg


環水公園ベンチ

IMG_2442.jpg
鉄骨製のベンチです

IMG_2441.jpg

16mmのケミカルアンカー
5本足の計20本でがっちり固定です

IMG_2501.jpg 
県産材で座面、背もたれ共仕上げ

あくまで鉄骨は下地です
でも100人のっても大丈夫^^ かな
仕事

ゴミステーション

IMG_2403.jpg

以前納品させて頂いたゴミステーションのメンテナンス(再塗装)をさせて頂きました。
こちらは用水の上に単管パイプにてやぐらを組み、歩道のスペースを確保できるようにしてあります。

IMG_2411.jpg

こちらは側溝の上で電信柱の影に設置してあります。
電信柱の影というデッドなスペースを上手に使いちょうど良い大きさのゴミボックスです。
この時は、いちどに5台のゴミボックスを納品させて頂きましたがこれには理由があります。
まず、同じ物を5台の発注ですので、1台の注文より安く提供することが出来ます。製作費はもちろん材料費、ペンキの塗り手間、据付時の重機費など、かなりお安く出来ました^^
しかし、もう少し大事な理由がありました。
我が富山市では小さなゴミボックスを大きなゴミステーション(扉開口1.8m高さ2.0mなど規定あり)にすると補助金が交付されます。
当時の町内会長さんは、たしかに補助金は魅力的だが、多くのゴミ集積所をひとつにまとめるのは住民にとってメリットはないと思われたようです。大きなゴミステーションを造るスペースはあるがそうすると一方では、とても近くになるけれど、一方ではすごく遠くまでゴミを捨てに行かなければならなくなる。これは高齢化が進んでいる地域を考えても、ましてや大雪の頃の大変さを考えると遠くにつくってはいけないと思われたそうです。
とはいえ、”ゴミ集積所を家の前に置くのはダメだ生ゴミの匂いがして、家の中がくさくなる”という方もおられます。今は富山市指定のしっかりしたゴミ袋を使い、カラス対策をしっかりしさえすれば生ゴミの匂いはしないはずだと説得されたそうです。
もう一つ。
大通りに面しているゴミ集積所では町内以外の方がゴミを捨てに来るそうです。”そうですね、このタイプは鍵が付きませんよね~”と私が言うと、いやいや鍵は付けたくないとのこと。
他の町内にゴミを出すというのは、なにか理由があってしているはず、きっと嫌な思いをしているんだから、鍵をかけるようなことはしたくない。キレイに使ってくれるならOKなんですよ。と
当社は大型ゴミステーションを提供しています。大きくて使いやすいのは良いことだと思っていましたが、こんな考え方もあるんだと勉強させて頂きました。

ちなみに最近では、納品させて頂いたゴミステーションには鍵は要らないのではとお伝えしております。^^

IMG_2402.jpg
仕事

自分で自分を守る

120420_141614.jpg
防災シェルター
大人4人用。上部からの建築物の落下に耐え、水に浮く構造とのこと。
冷戦時代の欧米では核シェルターを装備した住宅が多くあったような記憶があります。

いつの時代でも危険があり、それは自分たちで守っていくしか無いのでしょう。
これを使うことが無いことを祈るばかりです。

軽量鉄骨

IMG_2240.jpg
少し前の工事ですが、高岡駅改修工事の一部です。
搬入経路が狭く部品単位で搬入、現場にて溶接組立でした。 
仕事

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

タグリスト

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。